2016年 04月 02日
今年も翻訳ゼミを続行します
今年も続行します! 初回は多分4/21.
e0017868_16253131.jpg
[PR]

# by d_ama | 2016-04-02 16:26 | books / studies
2016年 04月 01日
ありがとう
ザハ・ハディドの訃報を知って,この記事を思い出した.http://iamama.exblog.jp/m2010-02-01/
(「W先生はともかく」とか酷いこと書いてるな……)

その後,祖母は亡くなった.2011年1月のことではないかな.ハウスクエア横浜で建築系ラジオのイベントをしていたときに電話を受けた気がする.伊豆での彼女の様子は,博論執筆中であまり把握していなかったから,話が唐突だった印象が強い.
博論は2011年3月7日に提出した.数日のうちに資料を片付けてから地震が来たので,資料が全部床に散乱,という事態にはならなかった.東北とその周辺の2万人弱が亡くなった.2016年になっても僅かな進展しかしていないし,きっと2020年になっても同じだろう.

思い出したのは,この時,10年後,2020年の建築を,形はまったくぬきだけど,夢見ていたんだ,ということだった.この時はまだ東京にオリンピックが来るということ自体妄想に近かったはずだ(それを望んでいた人々はいたのだろうが,選ばれると到底思えなかった.結局東京に決まったのもいわば「敵失」のためだと思っている).今だってオリンピックに諸手を挙げて喜んでいるわけもないが,でもザハ・ハディドの国立競技場ができるのなら,建設プロセスの様々な困難を乗り越えてでも成し遂げるべきだったと思う(「成し遂げる」の主語はザハじゃなくて東京人だ).東京が日本に振り回された,と言えればよかったのだが,残念ながら日本も東京もこぞって,無責任体制にザハを振り回したのだから,僕自身も有罪だ.今は浜松だから,という話でもない.
ザハの建物が僕の夢だった,というわけではないが,2020年の建築を楽しみにしていた29歳(この日付はまだ誕生日前だね)の僕が,ザハと共に遠のいてしまった気がする.その意味で,夢を見せてくれてありがとう.圧倒的な現実に囲まれて,日本や東京が前に進めるとは思わないけど,僕自身はまだ生きている.のそのそと進んでいくしかない.
[PR]

# by d_ama | 2016-04-01 02:00 | cities/architecture
2016年 03月 08日
浜松駅と浜松町駅を重ねてみた……同縮尺で
お馴染み,東京の地図と……

e0017868_1012291.png


まだ僕は馴染んでないけど,浜松の地図を……

e0017868_10123925.png


同縮尺で重ね合わせてみました.

e0017868_10125141.png


思ったより天竜川まで距離があるな,と思ったのは若洲,新木場,東洋町,新小岩,亀有……と流れている感じだから.
東名高速道路も遠いと思っていたけど,浜松町から茗荷谷くらいしか離れていない.一番近づくと末広町を通っている.
浜名湖の向こう側って凄く遠い場所だと思っていたけど,武蔵境とか,三ヶ日でもせいぜい保谷あたり.
龍潭寺の辺りは,図からはみ出しているけど多分浮間舟渡辺り.常葉大学ですら,赤羽と東十条の間.
それから比べると,まあ浜松町起点で考えてますが,SUACは新橋辺り.まあ浜松駅徒歩圏内で生きているっていうのは,山手線でいうと一駅分程度の広さだってのは,身体的に判る.
國學院の辺りから表参道,外苑前辺りまでが佐鳴湖.経堂辺りが雄踏町で,他に浜名湖は永福町,方南町,東高円寺,中野まで迫ってくる.浜松市動物園は野方辺り.
磐田市も,大体葛西辺り.新東名まで行くと,やっと埼玉県.山手線の南の縁が中田島砂丘.今切は用賀インター.旧新居町が成城で湖西市は深大寺.

浜松って自動車社会で,どこまでいっても戸建ての住宅地と駐車場が広がっていて,もっと東京みたいに集合住宅(といっても4-6階建てで十分だと思うけど)にまとまればコンパクトなのに,と思ったけど,東京が全然コンパクトじゃないことに気がつきました.この図中に含まれる人口は10倍くらいだろうけど.
[PR]

# by d_ama | 2016-03-08 10:40 | cities/architecture
2016年 01月 02日
あけましておめでとうございます
e0017868_1420328.jpg
昨年は告知し忘れましたが,初めての単訳を上梓できました.
ジョルダン・サンド,天内大樹訳『帝国日本の生活文化』岩波書店,2015.

今年もしみじみと仕事を重ねていく所存です.本年もどうぞよろしくお願い申し上げます.
[PR]

# by d_ama | 2016-01-02 14:20 | human network
2015年 10月 07日
建築系ラジオの本,出ます
天内も編著者の一人として関わった本が,ついに出ます.
今月中旬頃に本屋に並ぶそうです.

建築系ラジオ編著『若い人に聞いて欲しい本音トーク 建築系で生きよう。』総合資格2015.
[PR]

# by d_ama | 2015-10-07 01:47 | books / studies