カテゴリ:events / art( 121 )

2017年 10月 03日
分離派100年研究会第3回シンポジウム(11/5,東大本郷)
分離派100年研究会 連続シンポジウム 第3回
「メディアと建築家──博覧会と商業主義のただ中で」
時期:2017年11月5日 13:30-17:00
場所:東京大学本郷キャンパス工学部1号館15号講義室

分離派建築会はなぜ結成され、なぜメディアに掲載されて「分離派式」と呼ばれるほどに有名になったのか。これまで指摘されてきた自己の創作の称揚、また帝大内の主流「構造派」への対抗ばかりでなく、商業との繋がりを考えられないか。──この見地から、分離派と博覧会、とくに1922年平和記念東京博覧会における分離派メンバーが設計したパヴィリオンとこれまでの博覧会パヴィリオンの比較を行い、また同博覧会に出展された「文化村」住宅、さらには博覧会場を飛び出して都市の享楽の場へ与えた影響を、建築史、美学芸術学、日本美術史などの立場から考察を交わし、分離派建築会が当時ブームとなった原動力を探りたい。

○開会:勝原基貴(国立近現代建築資料館)13:30-13:35
○趣旨説明:天内大樹(静岡文化芸術大学)13:35-13:45

●博覧会パヴィリオン編
○ゼツェッシオン(分離派)の導入とその意義
河東義之(小山工業高等専門学校)13:45-14:25
明治初期以降、わが国の建築家たちは西洋建築の導入と学習に邁進してきた。その目標は早くも明治末期に一段落するが、当時は既に彼らが目標としてきた西洋建築そのものが変化を見せ始めていた。新たな構造や材料に基づく新たな西洋建築は、1900(明治33)年のパリ万博以降、欧米に赴いた日本人建築家達や海外の美術雑誌等によってわが国にもたらされ、博覧会やマスメディアを通じて建築界に大きな刺激を与えた。きっかけとなったのは、「分離派」と呼ばれたゼツェッシオンである。その導入と意義を振り返る。

○平和記念東京博覧会の「分離派式」
天内大樹(静岡文化芸術大学)14:25-15:05
1922年平和記念東京博覧会のパヴィリオンを分離派建築会のメンバーが設計できたことは、もちろん実作の機会として貴重ではあった。しかし博覧会の他のパヴィリオンと共に建ったことで合成されたイメージ、あるいはメディアでの取りあげられ方などから、彼らの初志を周囲が十分に理解できたとはいいにくいことが分かる。本博覧会で彼らが実際に行ったこと、博覧会会場ゆえの様々な制約とともに、1914年東京大正博覧会との比較と、建築家の職能の展開と合わせて解説し、当時の日本社会が彼らに課そうとした課題に辿り着く。

●住宅/都市編
○「文化住宅」を生み出した平和博の「文化村」
内田青蔵(神奈川大学)15:15-15:55
大正期に新しい住宅の総称として「文化住宅」という呼称が流行した。この「文化」は、様々なモノの名称と一体となっていわゆる「文化」ブームを引き起こした。「文化住宅」もその一つ。
 その語源、あるいは、その名称の使用の源を探ると、その一つに1922(大正11)年に開催された東京平和記念念博覧会の会場に設けられた住宅実物展「文化村」に辿り着く。
今回は、この文化村の住宅について、その概要、当時の住宅評等をもとに簡単に振り返り、その果たした意味を考えてみたい。

○大阪のイマジュリィにおける分離派的なるもの──盛り場と沿線モダニズム──
橋爪節也(大阪大学)15:55-16:35
大阪には分離派の影響を受けた建築や橋梁が残される一方、大正初期に道頓堀中座前に開店した「キャバレー・ヅ・パノン(旗の酒場)」は、「白亜のゼセッション風の酒場」と呼ばれて明確に分離派をとりいれたカフェであり、同じ道頓堀の「松竹座ニュース」にもプラトン社によって分離派風のデザインが用いられるなど、幅広い都市生活に分離派の影響が浸透していたことがわかる。建築にもふれながら、美術史と都市文化史の視点から、大阪の街における分離派と“大大阪”の時代に至るモダニズムの展開を報告する。

○ディスカッション 16:35-16:55
モデレータ:田所辰之助(日本大学)

○閉会:田路貴浩(京都大学)16:55-17:00

定員100名、入場無料、予約不要

みなさまのお越しをお待ち申し上げます.

[PR]

by d_ama | 2017-10-03 20:57 | events / art
2015年 07月 18日
大正イマジュリィ学会@文芸大
e0017868_10295314.jpg当日の告知になってしまいました(ブログを持っていることを忘れていた)が,浜松では台風の影響はほとんどなく,行います.
そのかわり受付など手伝っていただける方が関西や四国からいらっしゃれず,孤軍奮闘となりますが(とはいえ手伝ってくださる文芸大芸文学科生松井さん,西宮市大谷記念美術館内村周さん,筑波大学山川志典くん,ありがとうございます!),なんとかがんばりまっす.
[PR]

by d_ama | 2015-07-18 10:32 | events / art
2015年 02月 24日
ワークショップ@SUAC(浜松・静岡文化芸術大学)のお知らせ
e0017868_14242819.jpg

以下のワークショップを行いますので,特に文芸大生の方を中心に,ご参加をお待ちいたします.
どうぞよろしくお願い申し上げます.

────
静岡文化芸術大学デザイン学部 天内研究室主催ワークショップ
「錯視ブロックを組み立てて、見る」

テーマ:立体物における表面装飾の効果
概要:錯視ブロック(レゴブロックの表面に、錯視を生じさせるパターンを
貼付したものです)を使って立体を組み立てます。
表面に施される装飾──建築であまり取りあげられてこなかった要素を、
体験を通して考えます。

日時:2015年2月28日(土)13時~17時半
場所:静岡文化芸術大学 1階自由創造工房 (南側正面口の左側)
募集人数:最大20名まで
申込方法:名前,連絡先をinfinity2014 [at] googlegroups.comへメール
申込〆切:2月25日(水)24時
参加費:なし
[PR]

by d_ama | 2015-02-24 14:25 | events / art
2014年 08月 07日
人文建築会,8/31に公開研究会を行います
■日時:8/31(日) 17:00~

■題目
「闇市の形成と土地所有からみる戦後東京の副都心ターミナル近傍の形成過程に関する研究」
■プロフィール
石榑督和(いしぐれ まさかず)
明治大学大学院理工学研究科博士後期課程。1986年岐阜県生まれ。明治大学卒業。近現代都市史・建築史。

■参考文献
1)石榑督和「闇市の形成と土地所有からみる新宿東口駅前街区の戦後復興過程」(『日本建築学会計画系論文集』第78巻第694号)。
2)橋本健二・初田香成編『盛り場はヤミ市から生まれた』青弓社, 2013年。
3)初田香成『都市の戦後 雑踏のなかの都市計画と建築』(東京大学出版会, 2011年)の第一章・第二章・第八章。
4)松平誠『ヤミ市 幻のガイドブック』筑摩書房, 1995年。

■場所:筑波大学東京キャンパス文京校舎(詳しい教室は追って連絡致します)
丸ノ内線茗荷谷駅下車「出口1」徒歩2分)http://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html

※終了後、20時くらいから茗荷谷駅周辺で懇親会予定

懇親会からのご参加もお待ちしております。
[PR]

by d_ama | 2014-08-07 19:17 | events / art
2014年 07月 15日
ポエムを曝します
今進めている某プロジェクト向けに,ポエム?のようなものを書いたのですが,どうも狙いとは外れた内容だったらしく,でもそれなりの支持を受けたので,ボツ原稿としてここに曝しておきます.

────

これからデザインを学ぼうと思います
課題があって,先生や先輩が気付かせてくれたことに気を付ければ,確かにそれなりの形はできます
しかし,なぜ,この課題がデザインを学ぶ上で必要なのでしょう
なぜ先生や先輩はこの形を勧めるのでしょう

たくさんの本が図書館にあるので,手に取ってみました
とりあえず,モノ・情報・空間の形にはたくさんあることが判りました
というよりも,たくさんありすぎることに気付きました
なぜ,この形でなくてはいけないのだろう.

いろんな理由をいうことはできます.いろんな理由がそれぞれにあるからです.
しかしほかにも理由があるはずなのに,その理由だけが大事なのでしょうか.

知れば知るほど,デザインの中で,形を決める理由が増えていき,私達は迷ってしまいます
どんな理由が大事か,何が世の中に必要だと思うのか,自分がこうあってほしいと思うものは何か

迷いを断ち切って,一個の要因を旗印にして突進することも確かに可能です
しかしそんなことで世の中の複雑な問題が解決できるのでしょうか.ほかの可能性に眼を瞑っているだけではないでしょうか.

トップのデザイナーもずっと考え,悩み続けています.
考え続け,悩み抜くにも上手な方法があるのではないか.
野球選手が身体の動かし方を研究するように,サッカー選手がより効率的なポジショニングとランニングを考えるように.彼らが身体作りを欠かさないように.

デザインの歴史を学び,栄養を摂りましょう.
デザインの哲学を考え,身体を仕上げましょう.
[PR]

by d_ama | 2014-07-15 23:17 | events / art
2014年 06月 13日
オピニオンズ「今、何が必要か」
昨日(2014年6月12日)Voice of Designフォーラム:オピニオンズ「今、何が必要か」でお話しした内容を,日本デザイン機構のホームページにアップしましたのでお知らせします.
http://www.voice-of-design.com/jp/100voices/2014/06/post-130.html
[PR]

by d_ama | 2014-06-13 11:14 | events / art
2014年 05月 31日
こちらでもお話しします
こちらでは8分程度の,大急ぎのお話になりますが……短いから大口叩いてみようかと思います.

VOICE OF DESIGN FORUM オピニオンズ「今、何が必要か」
2014年6月12日(木)18:00 - 20:45(開場 17:30)
日仏会館 5階 会議室501 渋谷区恵比寿3-9-25
参加費:JD会員3000 円/一般3500 円/学生1000 円/懇親会費2500 円

http://www.voice-of-design.com/jp/event/2014/06/post-26.html

天内発言要旨:
「言葉とデザイン」
今回発表者は,自らが共訳者の一人として携わった『言葉と建築──語彙体系としてのモダニズム』(鹿島出版会2006)をこれまでの活動の出発点と位置づける.従来日本で美学・美術史の中心的な対象として扱われてこなかった建築,あるいは狭義のデザイン分野をキーとすることで,芸術全般,デザイン全般,それらを統一的に考える分野としての新たな美学(あるいは別の名称になるかもしれない)を概念上で再編成できる可能性がある.その足がかりとして,訳書『言葉と建築』の性格を考え直し,これをまずデザイン全般の概念,ついで実践へと,段階を追って拡大適用してみる.その上で「デザイン学部」に所属する人文系の研究者という自らの現況を手がかりに,今後デザインを考える上で,言葉を用いた概念や議論だけでも,概念なき実践活動だけでも不足であること,むしろ両者の思考を跨いだ往復運動をたえず継続する場が必要であることを説明したい.

0.『言葉と建築』と今──自己紹介
1.言葉とデザイン(の概念)──課題
2.言葉とデザイン(の実践)──課題解決の方向性
3.概念と実践の往復──解決のアクション
[PR]

by d_ama | 2014-05-31 22:36 | events / art
2014年 05月 31日
シンポジウムでお話しします
芸術学関連学会連合という,学会同士の連携組織があります.そちらが主催するシンポジウムでお話しすることになっております.来週土曜日です. くれぐれも,美学会を代表しているつもりはありませんので……(笑)

藝術学関連学会連合第9回公開シンポジウム「藝術の腐葉土としてのダークサイド」
2014年6月7日13:30-17:30,東京国立近代美術館講堂(竹橋)
http://geiren.org/gr/20140607.pdf

14:00-16:10
山本聡美(美術史学会・共立女子大学) 「醜い身体──日本中世仏教絵画における病と死」
ジェラルド・グローマー(東洋音楽学会・山梨大学) 「瞽女──差別と芸能」
栗山裕至(美術科教育学会・佐賀大学) 「子どもの造形とダーク・サイド」
一鍬田徹(広島芸術学会・広島大学) 「《ヒロシマのピエタ展》──その成果と課題」
天内大樹(美学会・静岡文化芸術大学) 「震災後の日常̶──集住と展示」

16:25-17:25
パネルディスカッション
[PR]

by d_ama | 2014-05-31 21:57 | events / art
2013年 08月 15日
横浜でレクチャします
このたび,横浜都市文化ラボという枠組みの中で,横浜国立大学と京都精華大学が共同開講する「都市とポピュラー文化」という講義でゲストとしてお話しすることになりました.9月5日の15時頃とのことです.全体のシラバスは下記の通りです.
http://y-labo.kitanaka-school.net/y-labo/syllabus-2013sato.html
場所は日本丸訓練センター(http://www.nippon-maru.or.jp/facilities/training.html,日本丸の入っている元ドックの汽車道側です)です.
佐藤守弘先生にお声掛け頂いたこともありますが,やはり横浜で大正イマジュリィ学会大会の一環として開かれるはずだった2011年3月12日のシンポジウムでの予定内容──横浜と異国趣味を煉瓦建築を通じて考える──を,すでに同月の京都での臨時シンポジウムや翌年の『大正イマジュリィ』で発表したとはいえ,もう一度横浜に戻って考えてみるという方向性を現在のところ考えています.
「もぐり」が可能なのかどうかはよく判りませんが,いらっしゃると天内は喜びます.
[PR]

by d_ama | 2013-08-15 01:30 | events / art
2013年 08月 14日
国分寺でトークします
このたび,加島卓さん(お知らせ)と光岡寿郎さん(お知らせ)がキックオフする会「KoSAC」にて,ゲストとしてお話しすることになりました.

日時は8月29日18:00-19:30【変更】です.
場所は東京経済大学国分寺キャンパス,第三研究センター321研究集会室(キャンパス正門を入り直進,最初に右手に見える2号館で右折,その裏にある建物の2階)です.

「A0」も「建築系ラジオ」も天内が主体的に始めた試みではありませんが,最近初めてICUの岸佑さんと天内が始めている「人文建築会」の活動が少し多角化しているこの頃,自分の立場というか周囲というか,活動環境を見つめ直してみようと思います.光岡さんと「A0」で,加島さんとは「アートスタディーズ」(「建築系ラジオ」と重なるところが多い人脈でした)でご一緒しましたので,共通点の多いところから気軽にお話ししようと思います.
[PR]

by d_ama | 2013-08-14 01:30 | events / art