2015年 03月 16日
自分の研究室を定義する
自分の研究と自分の研究室とは,重なるけれども同じではない,ということを念頭に,浜松における自分の役割とでもいうべきものを書いてみました.実際に学内で,このまま使われるとは限りませんが…….

e0017868_13234072.jpgデザインの理論・歴史ゼミ
デザインの理論と歴史そのものを探究する学生に加え、論理や知識や言葉を伴った、根拠のあるデザインを志す学生を、ジャンルを問わず歓迎します。読書と実技を往復しながら積み重ねていくことで、ジャンルの違いも社会変化も国境も乗り越えられるデザイナーを輩出し、また現場とつながりをもった理論を築くことが目標です。
[PR]

by d_ama | 2015-03-16 13:23 | institutions

<< 自主ゼミ【デザイン訳読】始めます      2連発 >>